事業者が借りられるカードローンの違いとは

キャッシングベスト3

事業主が借りられるカードローンの違いって何ですか?

カードローンっていうのは、本来個人が生活の為に使う物…で合ってますよね?私も個人といえば個人ではありますが、一応事業者をしているという事もあって、普通のカードローンでは無く事業者のみが使えるカードローンが使えるわけであります。

それで気になったのですが、事業者が借りられるカードローンの違いって、普通のカードローンに比べてどんなものなのでしょうか?事業者向けと言ってもカードでお金を借りられるだけだと、ただのカードローンですよね?わざわざ事業者と頭に付けている意味が分かりかねます。

事業者が借りられるカードローンの違いについて教えて下さい。そのうち否応なく作る事になるかもしれませんので、お願いします。急ぎではないので、お時間のある方だけでも。

事業者カードローンは事業にも使えるのが一番の違いです

事業者ならカードローン以外を使う事も良くありますが、事業者向けカードローンは『事業者なら一枚は持っておきたい』と良く言われることもある、人気の一枚でありますな!それなら別に詳しい事を知らずとも、とりあえず作れば便利そうにも思えそうでありますが…やっぱり、詳しい内容というのは気になりますな?

で、実際に事業者と名前に付いているカードローンの違いを言うでありますと、やはり『事業用途の資金を借りる事ができる』の一点に尽きるであります!実は普通のカードローンは事業性資金には借りられる、事業者の人の一番大事なニーズを満たせないままであります。だから事業者の人は事業者カードローン以外を作ってしまうと、ここ一番で頼れない事もあるから要注意でありますぞ!

だけど、もしも事業に一切融資を使わないというのであれば、もちろん普通のカードローンを使っても構わないであります。プライベートでは事業者も個人も何も無いのでありますから、普通にカードローンを使ってしまって問題無いであります!つまり事業者は普通のカードローンも事業者向けのカードローンも作れるという事でありますから、自分がどのように使うか考えて、作る方を選んで欲しいであります!

一つ補足をさせてもらうとすれば、事業者向けカードローンは事業用途以外にも使える場合が多いであります!なのでどちらでも良いと考えているのならば、今後の事も考えて事業者向けを作るのが賢いと思うであります。自分の個人的な意見でありますから、参考程度にしておくと良いでありますよ!

【参考ページはこちら】
個人事業者・自営業者でも銀行カードローンが作れるコツ

事業主が借りられるカードローンの種類とその特徴について

事業主と聞くと日本においては、多くの場合会社の社長と言うこととなります。ただその範囲も広く様々と解釈することが出来ます。

・事業を行なうオーナー
・個人事業主
・会社の取締役
・個人商店
・組織に属しないアスリート

上記のように様々と事業主の解釈が成り立ちます。日本においても、会社に属しない事業主の割合も比較的に多く、会社勤めをしながらでも事業主といった面もあったりして、とにかくその割合も多いのが現状としてあります。

またその収入の額についても、ほとんど収入がない場合から一般のサラリーマンと同じくらい、またはそれ以上の金額を稼ぎ出す事業主もいたりします。そのため、収入の面での高低差についても激しいのが事業主の特徴として見られます。消費者金融から銀行等の金融機関でも事業主が借りられるカードローンを必ず扱っており、そういった何かと需要が多い事業主向け融資も積極的に行なっております。個人事業主の割合が多いことを見越して、その需要も多いからです。(こちらもご参考にどうぞ→事業者向けオススメカードローン

そして、こういった事業主が借りることが出来るカードローンの種類については、主に二つの形態があり、一つ目には使途を特定しないフリーローンタイプと事業向けの融資を行なう事業向けローンのタイプの二つです。ただ一般的な無担保融資においては、ほとんどがフリーローンでの融資の方が受けやすく、事業向けローンは意外と書式や手続きの関係上、融資を受けにくい実態があります。利息の面においても、フリーローンタイプは事業向け融資タイプよりも年利が高く、事業向け融資は目的が事業目的に限定されていることからも年利が低い傾向にあります。そのため、利息の面の特典については、事業向け融資の方が優れていることは確かであります。

なお事業主が借りられるカードローンの特徴は、一般のサラリーマンよりも審査が通りにくく、ある程度の期間の収入を証明する書類が必要となるケースが多いです。カードローン会社においても、事業主は時の経済状況に応じて不安定になりやすい面があるということから、融資に対して慎重な姿勢を取っているといっても過言ではないわけです。実際にカードローンにおいては、事業主の場合は審査は厳しく、用意する書類の数も多いとされます。それでも生計費から事業費まで、様々の金融のやりくりする上では何か需要の多いサービスであることは確かです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.