自営業で銀行カードローンを作るコツとは?

キャッシングベスト3

自営業でも銀行カードローンが作れるようになるコツが知りたい

自営業をしている者ですが、銀行カードローンが作れるようになるコツが知りたいです!

自営業をしていると、融資を断られて悔しい思いをした事がありませんか…?私は女性向けの小物とかを主に扱っていて、確かに小規模で利益もちょっとしかありません。でも返済できそうだから頼んだのに、こんな結果になると悔しいですよね!だから銀行カードローンが未だに持てないままです!

銀行のカードローンがあればちょっと売り上げが低い月でも、生活費をギリギリまで切り詰めなくても済むのに…と思って申し込んだのですが、現実は非常みたいです。またもやしばっかりの生活になるのもなぁ…というわけで、最初にお聞きしたコツについて是非とも教えて下さい!よろしくお願いします!

希望額を減らすのがまずは先決だと思います

自営業の知り合いが居るけど、どこも大変でキミのところも同じみたいだね。もやしという単語がやけに生々しく見えるよ…。

自営業で銀行カードローンを作りやすくするコツだけど、基本的には会社員の人とかと大差は無い感じかな。お金を貸すというのは単純に返済能力を判断するだけであって、その判断をするために仕事内容や収入を見て総合的に決定しているんだ。そこに自営業とか会社員とかで法則が変わる事は無いんだ。

ただ、自営業という仕事だと借りにくいのは事実だろうね。自営業は収入が一定しにくいおかげで返済能力も不安定だから、仕事によるペナルティというのはどうしてもある。それを上回るほどの利益を上げているのなら、また全然違うのだけどね。自営業でそこまでお金を稼いでいる人なんて本当に一握りだろう。

だから、自営業の場合は特に『希望限度額を低めにしておく』のが大事だろう。プライベートでしか使わないというのなら、尚のこと大事な点となる。理由は言うまでも無いかもしれないけど、貸す金額が大きいほど金融業者の利益と同時にリスクが上がっていくから、その分審査通過への道のりは厳しいものとなる。作る事を優先にするのなら、本当に必要最低限のみに留めておくべきなのさ。

事業用途に使うのなら専用の事業者カードローンならまた審査基準も変わってくるかもしれないけど、審査に通りやすくする基本としては同じだね。自営業でカードローンを持つ事、そして返済していく事はとても大変だけど、お金が必要になる局面が多い自営業だからこそ役立つ機会も多いという事の意味を、良く考えて欲しい。

自営業でも銀行カードローンを利用することが出来る

自営業であっても銀行カードローンを利用することができます。そもそも、カードローンのような少額融資のサービスと言うのは融資の対象を大きく制限していません。基本的に誰であってもお金を借りることが出来るように柔軟に制度が作られており、その制度を遵守する者であるのならばお金を借りることが出来るわけです。これは自営業者であっても変わりありません。

ただし、自身で事業をやっている人に対するカードローンには他のカードローンとは異なった特徴があるのも事実なのです。というのも、本来ならば適用される少額融資の規制が適用されなくなる可能性が出てきます。この規制のことを総量規制と言いますが、融資の枠に関するこの規制は事業を営んでいる者に対して適用されない例外規定が存在するのです。

これは、賃金業法と言う法律にきちんと規定されています。そもそも、少額融資のサービスが適用されるのは、一般的な個人の消費者が融資の契約に関して不利な立場に立たされることを防ぐことにあります。収入を得ることが出来る者であっても個人であればその収入の範囲も限られてきますので、規制によって最初から融資の枠に制限をつけておくことで安心して契約を結ぶことが出来るようになります。

しかし、事業を営む人というのは基本的に年間の売り上げが数億円以上に達しているところがほとんどです。当然そこから出る利益はまた異なってきますが、こうした事業者に対してまで一般的な総量規制を適用していると事業資金としてお金を貸すことが出来る範囲も非常に限定的なものになってしまうと言うデメリットが発生します。

だからこそ、自営業者には本来適用される総量規制の適用が除外されるケースがあるわけです。これによって自由にお金を借りることが出来るようになり、カードローンで事業資金として多くのお金を借りることが出来るようになります。銀行でもこれは変わりありませんので、非常に柔軟に対応してくれるサービスだと言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.