警察でありながらカードローンを持つのはどうなのでしょうか?

警察でありながら、カードローンを持つというのはどうなのでしょうか?

警官をしているのですが、やっぱり私達は市民の規範とならないといけないので、例え私生活であっても一般的によろしくないと言われていることはしないようにしています。世の中には建前というのも満ちあふれていますので、そうしたまやかしに騙されないように、清廉潔白になれるように勤めています。

ただ、そんな生活をしていてもお金が必要になってくるのは事実です。なのでお金を借りて用意したいのですが、警察がカードローンを持っても良いものなのでしょうか?カードローンというのはあまりイメージが良いものではないので、警官の私が作って持っているのが知られてしまうと、イメージ上の問題とか仕事に悪影響を及ぼしたりはしないのでしょうか?難しい問題かもしれませんが、どうかお答え下さい。

警察でも全く問題ありません

警察は色んな不祥事が目立つ昨今ですが、あなたはとても真面目な方みたいですね…みんなあなたみたいなら警察も嫌われないのでしょうけど、やっぱりどんな組織でも悪い人間っていますからね。実は私もさほど警察が好きではありませんが、誠実なあなたの人柄に報いるべく答えていきたいと思います。

最初に結論を言っちゃうのなら、警察であろうが他の公務員であろうが、カードローンを持つ事には全く問題がありません。カードローンは確かにカード破産みたいな感じの悪いイメージがありますが、これはカードローン以外の融資全てであり得る事です。なのでカードローンを否定するという事は他のローン全ても悪いものとなってしまいますので、あまり考えすぎるのも良くないという典型例ですね。
(⇒消費者金融のカードローンを何枚も作るのは違法?

カードローンというのはあくまでも個人に発行されるものなので、公務員だとか仕事の内容は関係ありません。公務員だと安定しているという事で歓迎されますので、簡単に作る事ができるでしょう。それになにより、カードローンを作ったという事を本人以外に積極的に連絡する事はまずありません。カードローンを作ったという事もプライバシーの一部なので、普通に使っている限りでは知られる心配も無用でしょう。誰かに言う必要もありません。

このように、警察でもカードローンを持つ事も使う事も、そして誰かに知られて不利になるという事も考えられません。カードローンを持ったからにはきっちりと返済すれば、便利なだけの存在になってくれることでしょう。

警察など、公務員はカードローンの審査で最優遇!

意外な話ですが、ローンを申請する人のうちで、公務員の比率は低くありません。公務員は、安定収入という点では、民間企業に比べると抜群の評価ですが、一方で、年収ベースでは、上場企業を下回る場合が通常です。そのため、大きな出費や、急な出費などのため、ローンを組む人が少なくないのです。役所などの公務員ももちろんですが、消防士や警察官、自衛官や教員など、特殊な公務員もしかりです。最近では、住宅ローンや教育ローンなどとは違い、急な出費などに対応する、使途自由なカードローンを申し込む公務員が増えています。

カードローンとは、その人の信用に応じて、貸付の上限額を決めるもので、この上限の範囲であれば、何度でも借りることができるローンです。返済が進めば、それだけ上限との余裕が広がります。この広がった部分も、コンビニのATMなどで引き出すことが出来るのです。借りるたびに再契約が必要な、通常のローンとは、大きく異なる点です。しかも、金利は、消費者金融などの通常のローンに比べても、低めに設定されています。

当然、ローンですので、審査があります。カードローンの場合は、年収や保有資産を基準として審査をするのではなく、収入の安定性を重視します。そのため、週3回のアルバイト学生でも、週3回分の安定収入があるとされて、審査をパスするのです。そう考えると、日本で最も収入が安定しているのが、公務員です。たとえ東証1部企業でも、わずかとは言え、いつでも会社が傾く恐れはあります。その点、公務員は、日本国が傾かない限り、収入は安定しています。だからこそ、カードローンは公務員にとって有利なローンなのです。急に冠婚葬祭が入ったり、急にエアコンが壊れたり、急にお湯が出なくなったり、生活していれば、何かと「急な出費」は付き物です。急な出費に直面してから準備したのでは、遅いでしょう。生活の滑り止めとして、カードローンを契約しておけば、何かと安心です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.