医師だとカードローンは簡単に作れますか?

医師をしているものですが、それなら簡単にカードローンを作れるというのは本当の事なのでしょうか?

カードローン…特に銀行が発行するものというのは、審査が厳しいと聞きました。カードローンだと無担保でお金を貸すから審査も厳しい目で見られるのでなかなか作れない…と聞いたのですが、特定の仕事に就いている場合、カードローンは途端に作りやすくなると聞きました。そして、その仕事には医師も該当するとの事らしいのです。

本当に医師だとカードローンは簡単に作れるのでしょうか?何故医師だとカードローンは簡単に作れるのでしょうか?カードローンは作りにくいという事なので、作れそうに無いのなら無駄は時間は割きたくないのです。この疑問に答えてくれる方を募集しております。よろしくお願いします。

医師だと融資は簡単になるのは事実です

まず最初に言っておきたいのですが、カードローンは作るだけなら凄く審査が厳しいというわけではありません。カードローンは審査が厳しいというとどうあっても難しいと思われがちですが、カードローンでもあまりたくさんのお金を借りなかったりすれば、作る事自体に苦労はしません。
(⇒審査が通りやすい銀行系カードローンのデメリット

そして仮にたくさんのお金を借りる場合で審査基準が厳しくなったとしても、医師の方の場合はかなり作りやすい部類のお仕事と言えましょう。基本的に医師というのは給与が良いという事もありますが、それだけではありません。医師というご自身のお仕事に関して良く考えてみましょう。

医師というのは、基本的に安定した仕事です。どんな人でも病院のお世話になる事はありますし、少子高齢化の日本では高齢者の方は毎日のように通院している事もあります。どんな医療に携わったにしても、医師という仕事が不景気になるとは言いがたいです。仕事がある限りは収入も途絶えないという事なので、安定した返済能力が期待されるというわけなのです。

給与が多いという事は融資を受けるにあたってかなり有利ですが、金額よりも安定しているかどうかがカードローンでの最大の焦点と言っても過言ではありません。医師であるあなたならカードローンが使いやすいというだけでは無くて、十分な限度額で低金利なカードローンを作る事も夢では無いというわけなのです。

カードローンの審査で絶対なんて事はあまり無いですが、それでも確実に医師の方が審査で有利であるのは間違い無いでしょう。どれくらいの金額を希望するかは分かりませんが、期待して良いと思います。

医師によるカードローンやキャッシングの利用

銀行のカードローンも消費者金融のキャッシングも、それ以外のあらゆる融資においても、医師のような属性の高い人が申し込んだ場合は、余程の問題がない限りは審査に通ると考えられます。そして、利用限度額も高めに設定してもらえるのも間違いありません。ただ、現実的なことを考えると、医師が普段の生活の中でお金に困ることは少ないでしょうし、生活に困ってキャッシングを利用することも考えにくいです。

もしも医師が積極的にカードローンやキャッシングを利用するとしたら、それなりの理由があるに違いありません。たとえば開業のための資金が必要だったり、病院を新しく建て直したりするなど、仕事上の何か特別な理由がある場合であると考えられます。また、そのような場合であれば、通常の銀行カードローンなどを利用するよりも、医療者への支援に特化した特別なローン商品を選択するのが現実的です。

実際、日本中の多くの大手都市銀行や地方銀行などにおいては、医療者向けのローン商品のラインナップはとても充実しています。そのような医療者専用のローンであれば、借りることができる金額も通常のカードローンとは桁違いですし、まとまった資金を必要としている医療者にとっては、極めて利便性の高い商品であると言えます。

もちろん、どんなローン商品にも申込み手続きもあれば審査もありますし、医療者と言えども何の苦労もなくお金を借りることができるわけではありません。しかし、普通に真面目に働いている医師であるならば、収入も多く財産も沢山あり、属性は人並み以上に高いであろうことは容易に想像することができます。

それゆえ、銀行などの金融機関にとっても、医療関係者は上等の部類に属するお客さんであることは確かです。とにかく、医療者のように社会的信用が高くて経済力も強いということは、ローンを利用するにはとても大きな武器になります。その武器を最大限に活用すれば、非常に有意義なローンの利用が可能となります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.