銀行と消費者金融、どっちがローンに影響?

キャッシングベスト3

銀行系カードローンと消費者金融はどちらが住宅ローンに影響?

住宅ローンを出来るだけ早く組みたい…そう思っている会社員です。年齢も39ですし、そろそろ組まないとまずいかなと思っており、不安と疑問がたくさんあります。

そのうちの疑問の一つについてお答えいただきたいのですが、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンだと、一体どちらが住宅ローンの審査などに影響するのでしょうか?住宅ローンを控えている身ではありますが、ちょっと急な入り用があり、カードローンを使ってお金を補填したいと考えています。その上で、どちらのカードローンを作るべきかを考えているのです。

お金を借りるのならどちらにしても影響するとは思いますが、それならどちらの方が悪影響が少ないのか、それについても教えてもらえれば助かります。

銀行系の方が多少マシかもしれません

すでにご自分でも理解しているように、カードローンでお金を借りていると住宅ローンに通らない…という事は大いにあり得ます。今までの返済実績や借りている額によって変わるところではありますが、時にはカードローン完済後が住宅ローンを組む条件になる事だって考えられます。余分な融資があるというのは、大型の返済になる住宅ローンでは避けておきたいリスクなのです。

それを承知の上でカードローンを作るとしたら、一応銀行系のものを私ならおすすめしますね。というよりも、住宅ローンを組むのに消費者金融を勧める人が居るのだろうか…という感じです。いや、消費者金融のカードローンだって十分便利なのですが、こうした大型融資ではちょっとの差でも考えないといけないのです。
(⇒もし銀行系のカードローン審査に落ちてしまった時は

消費者金融というのは、審査基準が基本的に銀行よりも緩めです。なので多くの人が作りやすいおかげで非常に助かるのですが、その反面で『消費者金融からしか借りていないのならあまり信用が高くない』と思われる事があります。もの凄く厳しい銀行なら消費者金融から借りている、もしくは借りていたというだけで結果を決める事もあると言われています。審査内容についてははっきりと教えてくれませんが、銀行よりかは不利になりやすいのです。

また、消費者金融は総量規制の対象でもありますし、多数の融資を受ける場合にも向いていません。銀行のカードローンとて今どれだけ借りているかをチェックしますが、消費者金融ほど借りている総額がネックにはならないといえます。住宅ローンも総量規制対象外ではあるものの、上記の事もあって好ましくないのは理解しておきましょう。

銀行であってもカードローンは持っていない方が都合が良いと思いますが、どうせ持つなら銀行カードローン、そして住宅ローンを組みたいと思っている銀行のものを作ってはどうでしょうか?同じ銀行のサービスなら、きちんと返済していると信用にもなるのでおすすめですね。

銀行系カードローンと消費者金融住宅ローンに影響するのはどっち?という相談を受けました

銀行系カードローンと消費者金融住宅ローンに影響するのはどっち?と聞かれたら答えは「どちらも関係ない」と答えます。
住宅ローンを組む予定の金融機関次第と言う答えもありますが、以前は消費者金融に借入があると住宅ローンが組めないというデマも多くありました。しかし、住宅ローンの審査は現在の借入額と件数が重要なのであって、借入先はあまり関係ありません。借入の状況は金融機関や消費者金融の業界団体が出資運営している情報管理会社が数社あり、そこの情報を元に審査が行われます。情報は、どの会社からいくら借りていつ返済しているかがまとまっています。きちんと審査された貸出で返済も定期的に行われていれば問題になることはないようです。

住宅ローンで重要視されるのは、収入、年齢、借入予定年数、現在の借入総額、借入件数です。消費者金融からの借入が住宅ローンに影響することはないのですが、統計的に消費者金融からの借入件数が多い方は、銀行系カードローンからの借入も複数ある場合が多く、借入総額や件数が住宅ローンの審査で落ちることが多いということのようです。なので、噂でよく聞く、消費者金融から借入をすると住宅ローンが通らないというのは間違いです。

住宅ローンを考えている場合は現在の収入と借入額とのバランスが取れているかを考えてから審査を受けたほうが良いようです。一般的に収入の3割を超える借入返済をしている場合は住宅ローンの審査に影響が出るようです。ただし、オートローンのように担保がついている借入や、銀行が土地などを担保に貸出をしている場合は考慮されることもあるようですが、やはり、収入と返済額とのバランスが重要視されます。(こちらも参考にどうぞ→カードローンとオートローンの審査基準は別?)住宅ローンは数十年借りる長期ローンですから、今後収入が伸びていくことも検討されますが、現在の経済状況や昔のように年功序列で給与が上がることも少ないので昇給については厳しく見られることも多いようです。カードローンを組めば住宅ローンが通らないのではなく、借入総額と借入件数が問題であることをふまえた上で住宅ローンを考えてみると良いと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.