審査が緩い銀行カードローンは何がある?

キャッシングベスト3

審査が通りやすい銀行系カードローンのデメリットとは?

審査に通りにくそうな銀行カードローンですが、つい最近審査に通りやすいものもあるという有力な情報を得ました!銀行カードローンと言えば金利が低く、それでいて作りやすいなんて夢の一枚ですね…。

でも、落ち着いて考えてみたところ「そんなにうまい話があるのか?」と今になって審査に通りやすい銀行カードローンというのに疑念を抱いております。闇金と一緒にするのは失礼を承知で言うのですが、その分隠れたデメリットというのがあるのでは無いか…と思っています。甘い言葉で釣って…という具合ですね。

信じないと話にならないのかもしれませんが、大人になってから世の中に建前が溢れかえっているのを痛感しており、事実を知らないと心配でしょうがないです。審査に通りやすい銀行カードローンの注意点がもしあれば教えて下さい!

言うほど大きなデメリットは無いでしょう

疑心暗鬼を生じると言いますが、まあ社会に出ていればむしろ疑わしい存在の方が多いと言いますか…嫌な世の中になったもんです(笑)。審査に通りやすい銀行カードローンなんていうのはそれの代表格に見えますが、そもそも審査の厳しさが何を生むかなどを考えると、デメリットというのは致命的なものは無いと思いますよ。

例えば、審査が通りやすい銀行カードローンとして最近話題のインターネット専業銀行のカードがありますが、これはインターネットが使えない人だと使えないという事がデメリットと言えばそうですが、それ以外では金利だって安いですし、ネットさえ使えれば便利なサービスがたっくさんあります。そもそもネットを使わない人はネット専業の銀行なんて見向きもしないでしょうし、存在すら知らないなんて事もあります。デメリットと言えるかどうか微妙ですね。

次に信用金庫のカードローンも条件次第では通りやすいです。その通りやすさに関係するのは取引があるかどうかで、簡単に言えば預金しているかどうかで変わるというところでしょうか。つまりデメリットを挙げるとすれば預金が無いと変わらないというところですが、信用金庫はそもそも普段使っていないと、優先してカードローンを作りに行くところかどうか微妙ですよね。移動が多い人なんかは特に使いにくいでしょうし。
(⇒信用金庫のカードローンは銀行でも使えるの?

だから、審査に通りやすい銀行カードローンというのは、条件付きではあるもののデメリットと表現するほどの大きな欠点は無い…というところに終始すると思います。もしも作ろうかどうしようか悩んでいるのなら、自分がその条件に適合するかどうかで考えれば良いと思います。

【参考ページ】
複数のカードローンをまとめるメリット・デメリット

審査通りやすい銀行系カードローンを探しましょう

子どもが私立の学校に入るので入学金や授業料を払わなければならなかったり、家族の誰かが病気や事故で入院するようなことになったら、たくさんのお金を急いで用意しなければなりません。給料をはるかに超えるような金額をいきなり用意するのは大変ですが、カードローンに申し込めばあっという間に手に入るのでおすすめです。カードローンを利用するなら出来るだけ金利が低い方が返済するときに楽なので、消費者金融系よりは銀行系カードローンに申し込むと良いでしょう。

銀行は審査が厳しいところばかりなので、もし落とされたら時間の無駄になってしまうと悩んでいる方もあるかも知れませんね。(こちらもご参考に→カードローン審査に落とされる一般的な理由)しかし中には審査通りやすい銀行系カードローンもありますから、それがどこかわからない場合はインターネットで探すようにしましょう。審査通りやすい銀行系カードローンは口コミの評判が良いものなので、ネットで探せば人気ランキングの上位に入っているはずです。審査が厳しいというのはそれだけ高い信頼性があるということの証でもありますが、それで利用しにくいと意味がないので、絶対に審査に受かりたいという方は、最初から厳しいところは避けて申し込んだ方が無難です。
(⇒銀行系カードローンの審査に通りやすい基準とは

銀行系カードローンの魅力は金利の低さにありますが、消費者金融系カードローンの中にも最近は低金利のサービスを行っているところが増えてきたので、いざという時はそちらに申し込むのも良いでしょう。銀行系カードローンは審査に時間をかけるところが多いため、消費者金融系のように今すぐお金を手に入れたいときは向いていませんが、長期で融資を受けたい方には向いています。信頼性が高く、低金利というのは優れた利点ですし、審査に時間がかかると言っても、平日なら1日程度で結果がわかるようになっています。申し込みは電話やインターネットを使えば簡単に出来ますが、本人確認書類は必要なので、運転免許証や健康保険証のコピーは用意しておくようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.