外国人でもサラ金でお金を借りることは出来るか

私は外国語学校に受付事務で勤めていますが、職場の外国人講師の方がカードローンを利用されたいそうなんです。お給料も安定したので、引っ越しをしたいらしく、その費用を借りたいそうです。もちろん彼は日本語が上手ですし、在留カードもちゃんと発行されています。

仲が良いので相談されたのですが、正直私もカードローンのことはよく分からないので質問させてもらいました。外国人でもサラ金でお金を借りることは出来ますか?

条件が整っていれば外国人でもサラ金でお金を借りることは出来ます

日本で生活している以上、外国人だって経済状況は同じだから、カードローンを利用したい場合もあるでしょう。もちろん外国人でもサラ金からお金を借りることは出来るわ。でもやっぱり日本人が借りるよりは条件が厳しいのは事実ね。誰でも借りられるというわけじゃないの。だってお金を貸したのに日本に居なくなってしまったら返してもらえないから当然よね。

だからまず必要なのが「在留カード」よ。これは身分事項の他に在留資格や在留期間が記載されている、顔写真付きのカードなの。中長期在留者に対して、在留資格の変更許可や在留期間の変更許可など、在留に関わる許可は全てこのカードが必要になるのよ。あなたの職場の外国人の方はこの条件はクリアね。あと、永住権を持っていれば尚良いわ。だから「特別永住者証明書」を持っている方ももちろん大丈夫。

次に大事なのは何と言っても安定した収入があることね。これは日本人でも同じだから分かるわよね。日本人学校の講師をしている方だから、これも問題ないわ。あと意外に大事なのが日本語の理解力なの。だってある程度の読み書きが出来なければ、サラ金の契約内容が理解出来ないでしょ?契約内容は最も重要なことだから、ここでつまずく人も少なくないのよね。でもその方は日本語も上手ということだから大丈夫じゃないかしら。

これらの条件を全て満たしていれば、外国人の方でもサラ金でお金を借りることは出来るわ。だから職場の方にも安心してカードローンに申し込むようすすめてあげると良いわね。

日本人に比べて外国人がサラ金を自由に使えない理由は?

日本人はたくさんの借入を使うことができます。銀行系カードローンも消費者金融も使うことができますが、外国人だということになるととたんに使うのが難しくなります。これはなぜか?と考えてもわからない人もいるかもしれませんが、ある意味当然といえば当然のことでもあります。

例えばですが日本人がサラ金を使うのは国内でなわけです。ほぼすべてのサラ金は海外に進出しているわけではなく、日本だけで借り入れが可能なローンカードやネットローンを提供しています。一方のクレジットカードでのキャッシングであれば海外でも可能でしょう。これは外国人でも同じで日本に来ればクレジットカードでの海外キャッシングは簡単にできるのです。

逆に日本人が海外に行けば外国人扱いされることになるので、現地でのサラ金というのはほとんど使えなくなるでしょう。アメリカやイギリスなどの先進国でも使えないでしょうし、途上国であれば尚更使えないと思います。つまりサラ金というのは国内の人たち向けに貸出を基本的に行っているのは世界共通になっているというわけです。

だから日本で外国人が借り入れできないというのは何もおかしくないのです。借入をしたいのであれば、サラ金ではなくクレジットカードのキャッシングを使うようにすればいいでしょう。もしくは日本に在留しているということの証明証を出すようにすれば、借入れ出来るところも増えるかと思います。

要はサラ金としては借入をして逃げられたら嫌だというのがあるのです。外国人が国に帰ってしまえば、後は追いかけるのが難しくなりますし、連絡もとるのが難しくなります。だから逃げられるような心配のない国内の人か、もしくは日本に住んでいる事がわかる外国人にだけ貸出をするようにしているといえるでしょう。

これはもうおそらく日本でも外国でも同じですし、今後も変わることはないのと思いますので、諦めてクレジットカードの海外キャッシングを使うほうがいいと思います。日本に住んでいる人であれば手続きは増えますが、サラ金や消費者金融、銀行系カードローンでも使えるところがありますので探してみるといいと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.