カードローン審査緩いとは、どういう事なのか?

カードローン審査緩いところを探しています・・・というのを、ネットなどの掲示板で見ます。この「緩い」とは何なのでしょうか?こちらは、キャッシングローンに疎いもので借入が大きくても問題ないものと思っているのですが、そのようなカードローンを言っているのでしょうか?

カードローン審査緩いには2つの意味があります

カードローン審査緩いというのは、基本的に審査のことを言っていると理解してよいです。なので、審査そのものが通過しやすいというわけなのですが、このようなケースであれば既に借入があったとしても、カードローン審査については緩いままで審査されます。通常であれば、年収の○分の1のような貸し出し範囲となっているのですが、こちらについてもカードローン審査が緩かったりしますね。

また、どのようにして活用するのか?というと、基本的にはキャッシングローンで大金を借りる場合に、カードローン審査緩い金融業者を利用します。これにより、今まで借金をされたことがない人であっても、容易に50万円以上で借りられたりします。また、知られていない人も多いので案内をしておきますが、基本的に30万円前後でしか金融業者は、キャッシングローンを受け付けていません。

それ以上のカードローンについては、使い続けて実績をあげないといけないのです。このような背景があると、「いい加減、50万円以上で借りたい」という気持ちになるのも、わかって頂けるかと思います。ネットなどで、50万円以上でカードローン審査緩い金融業者が、リストアップされている背景についても、このような長く利用されているのに、キャッシングローンの上限が伸びている人がいるからであったりします。

カードローンの審査は緩い?気にする人も多いその事実を探る!

審査が緩い融資について、皆さんはどう思っていますか?「審査が緩い融資って何だか裏がありそうで怖い…」と考えておられる方も多いと思います。お金に関わる事であり、さらに詐欺業者も多い業界とあらば、こうした不安を持つのは仕方が無い事かもしれません。

しかし、「審査が緩いという事はそれだけ安定してお金を借りやすいから良い事なのでは?」と考える人も居るでしょう。実際に欲しい時に確実に借りたいというのであれば、審査が厳しいというのはマイナスポイントばかりが目立ってしまい、審査が緩い融資を求めてしまうのは必然とも言えます。融資は出来るだけきっちりした人に貸したい、けど誰でも良くしてしまうと安定しない…こうした悩みの中で融資の審査基準は生まれているのです。

また、融資方法によっても審査の厳しさは変わってきます。例えば非常に高額で安定した返済が難しいと言われる住宅ローンの場合、かなりシビアです。家も土地も不況で随分と安くなっていますが、同時に収入も減少しており、返済が難しいというのが現状です。誰にでも住宅ローンが組めるというのはあり得ない、と考えた方が良いですね。

それとは逆に、銀行や消費者金融が備えるカードローンというのは、審査が緩いと言われています。現金融資の方法として非常に使いやすい上に審査に緩いとあらば、かなり魅力的な融資方法ですよね。でも実際はどうなのか、そして何故カードローンの審査は緩いと言われているのか、その事実について確認してみましょう。

まず大前提として、カードローンとて審査ではきっちりと見るべき点は見られています。審査が緩い=審査をしていないというわけでは無く、申し込んだ人で借りられる人が多いからこそ審査が緩いという構図が成り立ちます。審査が無いのは緩いのでは無く、闇金融業者などの危ない業者だけとなります。

では、本当にカードローンの審査が緩いのかどうかで言えば、半分正解というのが適切かもしれません。曖昧な表現となってしまうのですが、その両面性があるのがカードローン審査の基準なのです。

まずカードローンの審査が厳しいと言えるのは、無担保融資だからです。無担保というのは担保が不要で借りられるので手軽で良い反面、お金を払えない場合の債権回収が難しく、信用出来る人にしか貸したくないというのが金融業者の本音です。信用出来る人という事は返済した経験があったり、十分な収入がある人ですので、お世辞にも審査が緩いと断言はできません。

そして審査が緩いと言える事実としては、アルバイトや派遣社員の人でも容易に手にしているという点です。この点で見ると先に説明した点と矛盾しているのですが、厳しくなる条件として『たくさんのお金を借りたい場合』というのが当てはまります。つまり10万程度の融資を希望するのなら返済もかなり容易になりますし、貸す額が少ないとその分金利を引き上げる事で利益も出ますので、希望する額によっては審査は緩いという事なのです。

たくさん借りたい人にとって厳しく、少なめに借りる人にとっては緩い…これがカードローン審査の真実です。銀行か消費者金融かなどの要素でも多少変わってはきますが、金額次第で緩くも難しくもなるというのを忘れないで下さい。収入証明書が必要かどうかが最初の分岐点と言えそうですね。

私はこんな理由で借りました!

お金を借りるのが楽です!

僕は手続き関係が大の苦手。キャッシングもずっと興味あったんですが、手続きがイヤなもんで先延ばしになってたんです。ところがこないだの月末、いつも通り金欠だったところに車をぶつけてしまい、慌ててお金を借りることになりました。

急いでたので手続きがイヤだとも言ってられず、とりあえずパソコンで申込を始めたんです。ところが、えっこんなに簡単だったの?って思いましたよ。これならもっとさっさとやっとけばよかったですよ。

そしたら、今回こんなに慌てずに済んだのに。お金もすぐ手に入って車も修理できました。その後も生活費に借りたんですが、借りるの楽です!

手軽なキャッシングで最高です!

通勤の時に使っているスクーターがそろそろ寿命で買い替えなくてはならなくなりました。ただ…金額が結構高い…。これを購入してしまったら正直、明日からの生活費が足りなくなってしまって困ります…。ただ通勤するには絶対に必要なスクーターだし…。

そんな時、ネットを見ていたらネットから申し込むだけで簡単に融資を受けられうかどうか審査をしてくれる消費者金融を見付けたんです! 不安もあったんですが、すぐに申し込んでみることにしたんです。

するとすぐに審査に入り、あっという間にキャッシングまで出来るようになったんです!本当に早くてこんなにすぐに借りられるのかと半信半疑になるほどでした!やっぱり信頼出来る金融会社ってあるんですね!

スグに借りれてよかったです

うちは中古のマンション。ぼちぼちリフォームが必要になってきました。でもまとめてやるには資金不足。しかし今年はとうとう壁紙が湿気のせいでダメになってしまい、自力で張り替えることにしたんです。

安物だとすぐダメになるだろうから、思い切ってお金を借りてでも、いいものを購入した方がいいねってことになったんです。妻が反対したら借りれない所でしたが、意外にも乗り気でよかったですよ。審査後、すぐ借りれたので、その週のうちに張り替えをスタートできました。

でも素人だけに、貼るのに失敗してしまい、かなり買い足すことになってしまいました。それでもまぁまぁの出来かな?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2016 《カードローン》審査の緩いのはどれ?優良店一覧から選ぼう! All Rights Reserved.